クラウドデータの共有

インターネット上にファイルを置いて複数台のPCやタブレットでファイルを同期させるソフトは代表的なものに

DropBoxやGoogleDrive、SkyDriveなどがあります。

私はだいたいこの3つのサービスを使っているのですが、複数の作業者で同時にファイルを開くと普通はファイルの保存時に整合性がとれなくなり保存が出来てなかったりファイルが増えてしまうという現象が起こります。

これを同時に開いて編集をしたい場合はどうすればよいのか試してみました。

SkyDriveの場合はWEB上のファイルをWebアプリで開いて編集すると2台同時に同じWORD、EXCELのデータを開いて編集することが出来ました。

その場合、一方で編集するともう一方で開いているファイルもすぐに変更されていきます。(さすがMicrosoftです。)

GoogleDriveの場合はWORDやEXCELのデーターをそのままWEBアプリで編集することは出来ませんが、アップするときにGoogleドキュメントに変換するかアップした後にGoogleドキュメントとして開いてやると編集できるようになります。

WORDやEXCELを共有する点においてはMicrosoftのSkyDriveが有利に思いました。

ただどちらのWEBアプリもWORDやEXCELと同じことが出来るわけではなく機能は限定的です。簡易シートの同時利用にとどめておくほうがよさそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です