SystemDefenderという偽ソフト

保守契約をいただいているお客様から、画面に何か表示されて消えないという連絡がありました。

画面を写真で送ってもらうと、SystemDefenderという表示があり、ウィルスが見つかったとの表示がありました。

その画面がこちら

見たことがある画面だと思ったらマイクロソフトがWindows7用に用意したセキュリティソフト SecurityEssentialにそっくりの画面でした。

この画面が出てきたので×をクリックして画面を閉じたあと、ウィルス対策ソフトでスキャンをしてウィルスが入っていないことを確認しました。

その翌日にも別のお客様から同じ画面が出たので・・・という連絡をいただきました。

私もクリーンインストールしたばかりのWindowsでインターネットを開いてポータルサイトのMSNを開いたとたん警告が表示されたこともありました。

これらはすべてホームページの中に組み込まれている広告の類で不安を煽ってソフトをいれさせて修復するには費用が必要という詐欺の広告です。

「セキュリティ警告」などには引っかからないようにしましょう。 出たら画面を閉じたり閉じなければ Ctrl+ALT+Delキーを同時に押してタスクマネージャーを開きインターネットエクスプローラを強制終了させて、ウィルススキャンでチェックしておきましょう。 私の場合MSNの広告から入ってくることが多い気がしたので、トップページをGoogleなどの広告のないシンプルなページに変更させていただきました。

その他にもこのような偽ソフトが組み込まれていたパターンもありました。 これはおそらく「あなたのPCには重大な欠陥があります。」などの文言で不安を煽りソフトをインストールさせられたのだと思います。

皆様 お気を付けください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ