それ検索エンジンが無くてもしますか?

ホームページを制作するときに気にすることの一つにSEOがあります。

google

SEOはサーチエンジン最適化と訳され、GoogleやYahooなどの検索エンジンで検索された時に上位表示されやすくなるように制作する必要があります。

このSEOは内部対策と外部対策に分かれます。

内部対策はきっちりとルール(Googleの決めた?)に従ってホームページを作りなさいよ。
外部対策は関連のありそうなサイトからリンクしてもらいなさいよ。
そうすれば私(Google)が重要なサイトと認めてあげて検索されたときに上の方に表示してあげますよ。

この二つの対策を取っておけば検索で上位表示が可能になります。

この2つの対策ですが、SEO業者がいろいろ不正も含めて対策をたてるもんだからGoogleが不正に上位に表示させようとするサイトの順位をさげようとします。

Googleの格言のなかに「それ検索エンジンが無くてもしますか?」というものがあります。

検索エンジンで上位表示を狙うためにはこの内部対策・外部対策をバランスよくしないといけません。
基本的に内部対策… ホームページをきちんと作ってアクセスしてもらうユーザーに有益な情報を掲載するとGoogleが評価してくれます。 また有益な情報は他のサイトからもリンクがもらいやすくなり、結果検索エンジンの上位表示が可能になります。

もしGoogleが無くても見に来てくれたユーザーにとって有益な情報を掲載するということがアクセスを集める→検索上位表示となるようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ